妊活葉酸サプリの選び方・商品比較ランキング

妊活葉酸サプリメントの選び方

①葉酸の種類は厚生労働省が推奨する「合成葉酸」か

こちらについては、「妊娠期に摂取したい葉酸サプリ」でも説明しましたが、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)が400μgしっかり摂取できるサプリメントかどうかです。

商品の原材料欄や栄養成分欄に「葉酸」の文字が記載されている商品を選びましょう。

「葉酸含有酵母」や「天然型葉酸」などと書かれている商品については、合成葉酸の吸収率を保ったまま酵母醗酵させた葉酸のこと、つまりモノグルタミン酸型葉酸がしっかり摂取できる商品です。

②妊活に有用な成分がしっかり含まれているか

妊活時に摂取したい有用成分とは、以下のようなものです。

ピニトール ビタミンB群イノシトールの一種で、ビタミンではないがそれに近い存在の栄養素「ビタミン様物質」とされています。
安全性の高い栄養素であり、アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)に登録されている有用性のある成分です。
まだ日本では利用されていることが少ないですが、アメリカでは「妊活サプリメント」や「乳児用のミルク」などに配合されています。
マカ スーパーフードと呼ばれる植物。
ベンジルグルコシノレートという注目成分を含んでおり、必須アミノ酸や豊富なビタミン類、ミネラル・カルシウムを含んでいます。
マカを使用したサプリ商品に関して数社お問い合わせしたところ、ビタミンやカルシウムなどの含有量は測定していない場合が多いようです。
しかし、古くから男性にも効果をもたらしてきた、王道の元気成分であることは間違いなさそうです。
ルイボス SOD酵素と呼ばれる成分が、活性酸素の除去に役立つルイボス。
細胞が傷つくことを防いでくれることから、”卵子の老化”を防いで「アンチエイジング」にも繋がると言われる、妊活女子には欠かせない成分と言えるかもしれません。
タンポポ 妊娠しやすいカラダ作りに近づくことを医学的にも確認されているという成分。
乱れがちなカラダの調子を穏やかに整えてくれます。
ザクロ ポリフェノールが豊富で美容成分としても知られている、女性に嬉しい果実。
ホルモンのバランスを整えてくれる効果も期待できるのです。
ローヤルゼリー 神経伝達物質「アセチルコリン」や長寿タンパクとも呼ばれる「アピシン」を含む”滋養食”。
ローヤルゼリーを食べる女王蜂は、働き蜂の40倍もの寿命と1日1,000~3,000個もの卵を産み続けるという驚異的な生命力を誇るといいます。
ショウガ 言わずと知れた「ポカポカ効果」が実証されている植物。
ポカポカ効果で、栄養の巡りを促してくれる頼もしい植物です。
yosan_sindan

妊活に最適な葉酸サプリランキング

  • VEGEMAMA(ベジママ)

    vegemama

    内容量 120粒(約1ヶ月分)
    1回分の使用量 4粒
    単品購入価格/1回分価格 【初回】2,750円(税別)/約92円
    【通常】5,500円(税別)/約183円
    定期購入価格/1回分価格 【初回】2,750円(税別)/約92円
    【通常】4,680円(税別)/156円
    定期解約条件 いつでも解約可能
    その他 ・栄養機能食品
    ・【初回限定】無期限全額返金保証

    ※購入コースや価格など、掲載内容が変動する場合があります。

    kounyu
    syousai

    関連サイト:ベジママ(VEGEMAMA)でワクワク妊娠準備

  • full-me MAKA MIU(フルミーマカミウ)

    full_me_maca_miu

    内容量 90粒(約1ヶ月分)
    1回分の使用量 3粒
    単品購入価格/1回分価格 7,980円(税別)/266円
    定期購入価格/1回分価格 【初回】2,980円(税別)/約99円
    【2回目以降】4,980円(税別)/166円
    定期解約条件 初回から解約可
    その他購入方法 定期便しっかりコース(毎月2個):
    【初回】5,960円(税別)
    【2回目以降】9,000円(税別)
    その他 ・15日間返金保証

    ※購入コースや価格など、掲載内容が変動する場合があります。

    kounyu
    syousai

サブコンテンツ

このページの先頭へ